08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
タワーレコードのオフィシャルEコマースサイト @TOWER.JP
全ての音楽ファン続々集結中!
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
西川社会保険労務士事務所
就業規則の作成・変更★ 諸規定の立案及び作成★ 人事・賃金制度の確立★ 退職金制度の作成★ 労働保険の加入手続き代行★ 社会保険の加入手続き代行★ 助成金の手続き代行
時間
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
中小企業の働き方改革関連法の認知度・準備状況は? 〜日本・東京商工会議所調査

□ 中小企業への適用が次々に始まる働き方改革関連法の施策

 

 働き方改革関連法の施策の中で、今年の4月からは、「時間外労働の上限規制」の中小企業への適用が始まりました。

 

 今年は新型コロナウイルスの影響により、様々な法改正情報を目や耳にする機会が減ってしまった印象ですが、働き方改革の大きなテーマの1つである「同一労働同一賃金」も来年の4月から適用が始まりますので、今から準備が必要になります。
 

 

□ 「時間外労働の上限規制」は施行前でも認知が不十分

 

 日本・東京商工会議所が実施した「人手不足の状況、働き方改革関連法への対応に関する調査」(調査期間:2020年2月3日〜3月6日、回答企業数:全国の中小企業2,838社(回答率:68.8%))によると、「時間外労働の上限規制」の名称・内容について、認知が十分でない企業の割合は16.2%となっています。

 

 また、施行時期を「知らない」とした割合は、従業員規模50人以下の企業で19.9%と、約2割にも上っており、施行直前の時期においても、まだ認知度自体が十分ではないという実態がわかる結果となっています。
 

 

□ 来年4月から中小企業にも適用される「同一労働同一賃金」

 

 来年4月から中小企業にも適用される「同一労働同一賃金」ですが、本調査によると、まだ25.7%の企業が、認知が十分ではないと回答しています。

 

 従業員規模50人以下の企業では、32.9%が施行時期を「知らない」と回答しており、内容だけでなく施行時期の周知も求められるところです。


 また、「対象になりそうな非正規社員がいる」との回答は23.4%でしたが、そのうち「対応の目途がついている企業」の割合は46.7%にとどまっています。

 

 中小企業への施行まで1年を切る中、 まだ半数の企業は対応ができていないことがわかります。
 

 

□ なるべく早めの検討・取組みを

 

 本調査によれば、「同一労働同一賃金」について講じた対応策や対応予定の方策としては、「非正規社員の給与等の処遇改善」(47.5%)、「賃金・人事制度の構築・見直し」(36.4%)、「正規/非正規の業務内容・配置の見直し」(35.8%)、「非正規社員の正社員化」(27.1%)が挙がっています。どのような対応をとるにせよ、ある程度の準備期間が必要になりますので、未対応の企業は、早めの検討・取組みが必要になります。


【日本・東京商工会議所「人手不足の状況、働き方改革関連法への対応に関する調査」】
https://www.jcci.or.jp/download/2020_hitodebusoku.pdf

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

就業規則作成等、労務管理のご相談は大阪市東成区の西川社会保険労務士事務所まで!
http://sr-nishikawa.com/

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

西川利治 | ビジネス | 07:28 | comments(0) | - | pookmark |
2020年08月12日のつぶやき
09:29
コロナ倒産、コロナ解雇・雇止めが増加! sr-nishikawa.jugem.jp/?eid=4870 #jugem_blog
西川利治 | - | 03:10 | - | - | pookmark |
コロナ倒産、コロナ解雇・雇止めが増加!

 帝国データバンクの発表によると、新型コロナウイルスの影響による倒産(8月3日16時時点)が406件に上ることが明らかになりました。業種別では、飲食店の56件が最多で、一方、厚生労働省の発表によると、新型コロナウイルスの影響で解雇・雇止めとなった人は、4万1,391人(7月31日時点)となりました。これまでは宿泊業で多かったですが、製造業が最も多くなり7,003人、次いで宿泊業6,830人、飲食業5,595人となっています。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

就業規則作成等、労務管理のご相談は大阪市東成区の西川社会保険労務士事務所まで!
http://sr-nishikawa.com/

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

西川利治 | ビジネス | 09:29 | comments(0) | - | pookmark |
2020年08月11日のつぶやき
07:47
厚生年金保険加入逃れへの対策強化へ! sr-nishikawa.jugem.jp/?eid=4868 #jugem_blog
西川利治 | - | 03:10 | - | - | pookmark |
厚生年金保険加入逃れへの対策強化へ!

 日本年金機構は、厚生年金保険への加入を逃れている企業への対策を強化するとしています。4月に機構本部に設置した専門組織を本格稼働させるほか、5月に成立した改正厚生年金保険法に基づく立ち入り検査を積極的に行い、立ち入り検査で厚生年金の加入対象であることが確認された場合は、職権による強制加入を行うとしています。未加入事業所の情報を幅広く収集するため、これまでの国税庁からの情報提供に加え、雇用保険加入者のデータも活用して、より広く網をかける準備も進めています。

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

就業規則作成等、労務管理のご相談は大阪市東成区の西川社会保険労務士事務所まで!
http://sr-nishikawa.com/

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

西川利治 | ビジネス | 07:47 | comments(0) | - | pookmark |
2020年08月10日のつぶやき
08:06
令和元年度の下請法違反件数と新型コロナウイルスによる影響 sr-nishikawa.jugem.jp/?eid=4866 #jugem_blog
西川利治 | - | 03:10 | - | - | pookmark |
令和元年度の下請法違反件数と新型コロナウイルスによる影響

□ 下請法違反件数が過去最多を更新

 

 公正取引委員会が報告した「令和元年度における下請法の運用状況及び企業間取引の公正化への取組」によると、令和元年度の下請法違反件数は8,023件(前年比306件増)で、昭和31年の下請法施行以降、過去最多となりました。

 

 その内訳は7件が勧告で、8,016件が指導となっています。


 違反件数を業種別でみると、製造業が3,496件(43.6%)で最も多く、次に卸売業・小売業が1,679件(20.9%)、情報通信業が889件(11.1%)、運輸業・郵便業が797件(9.9%)と続いています。


 違反件数を下請法違反行為の類型別にみると、全体で13,528件のうち、発注書面の交付義務等を定めた手続き規定に係る違反が6,919件(前年比133件減)、親事業者の禁止行為を定めた実体規定に係る違反が6,919件(前年比100件増)となっています。


 また、実体規定違反件数の内訳は、支払遅延が3,651件(52.8%)で最も多く、次に下請け代金の減額が1,150件(16.6%)、買いたたきが721件(10.4件)となっており、これらが全体の約8割を占めています。

 

 

□ 働き方改革がしわ寄せに

 

 公正取引委員会は、昨年4月から施行された働き方改革関連法に伴う違反について、実例を挙げて報告しています。

 

 具体的には、親事業者は残業時間の上限規制が設けられことにより長時間労働の削減等の取組みが行われ、そのしわ寄せで下請け事業者に対し、代金の減額や買いたたき、不当な経済上の利益の提供要請、不当な給付内容の変更を行ったとしています。
 

 

□ 新型コロナの影響を懸念

 

 同委員会には2月以降、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、下請け事業者に対する納期の変更や発注の取消し等に関する相談が増えています。

 

 このため、中小企業庁との連名で下請法等に係るQ&Aを公表するとともに、個別相談等に迅速に対応していくとしています。


 また、経済産業省も、同感染症の影響を受けやすい下請け等中小企業との取引きにおいて、納期遅れの対応や適切なコスト負担、迅速・柔軟な支払いなどに一層の配慮を講じるよう関係団体(1,142団体)を通じ、親事業者に要請を出しています。

 

【公正取引委員会「新型コロナウイルス感染症拡大に関連する下請取引Q&A」】
https://www.jftc.go.jp/oshirase/coronashitaukeqa.html


【経済産業省「新型コロナウイルス感染症により影響を受けている下請事業者との取引について、一層の配慮を親事業者に要請します」PDF】
https://www.meti.go.jp/press/2019/03/20200310003/20200310003-1.pdf

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

就業規則作成等、労務管理のご相談は大阪市東成区の西川社会保険労務士事務所まで!
http://sr-nishikawa.com/

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

西川利治 | ビジネス | 08:06 | comments(0) | - | pookmark |
2020年08月09日のつぶやき
11:25
男性の育休取得促進「父親産後休業制度」の新設検討始まる! sr-nishikawa.jugem.jp/?eid=4864 #jugem_blog
西川利治 | - | 03:10 | - | - | pookmark |
男性の育休取得促進「父親産後休業制度」の新設検討始まる!

 2019年度に厚生労働省が調べた男性の育児休業取得率は7.48%で、7年連続で増加していると発表されましたが、前年の6.16%からの上昇率は小幅にとどまっており、目標としてきた「2020年に13%」の達成には程遠く、この伸び悩みを受けて厚労省は、子どもの出生直後に限定した父親向けの休業制度を新設する方向で検討を始めました。なお、この方針は、子どもの出生後4週間に限り、簡単な手続きで休業でき、給付金も増やす案となっています。

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

就業規則作成等、労務管理のご相談は大阪市東成区の西川社会保険労務士事務所まで!
http://sr-nishikawa.com/

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

西川利治 | ビジネス | 11:25 | comments(0) | - | pookmark |
2020年08月08日のつぶやき
11:20
夫にも産休創設へ!  sr-nishikawa.jugem.jp/?eid=4862 #jugem_blog
西川利治 | - | 03:10 | - | - | pookmark |
1/486PAGES | >> |